死亡保険の保障金額を上げるぐらいなら学資保険での手当てを考える方が合理的です

死亡保険の保障金額を上げるぐらいなら学資保険での手当てを考える方が合理的です

多くの人は、家族を持ち、子供が生まれると万が一の時のために生命保険の死亡保障金額を見直し、さらに子供の教育費が増大するにつれ、その額を増やす頃が多いものです。

 

これは、万が一の時に子供の教育費を確保するための考え方です。

 

しかし良く考えると、死亡保険の保障金額をいくら増額しても、掛け金は増えるけれど掛け捨てなら死亡する事が無ければ一銭も入って来ません。

 

もちろん、万が一の時の遺族の生活を考えると、最低限の保険は必要です。しかし教育費が掛かるからと死亡保険の保障金額を上げるぐらいなら、学資保険に入った方が良いと言えると思います。

 

子供が生まれた時に、学資保険に加入し、コツコツと掛けることで必要な時期に確実に払い戻しを受ける事が出来るのです。

 

しかも、万が一掛け金を払っている親御さんが亡くなった場合には、それ以降の掛け金は不要で、契約内容の学資保険が支払われ、死亡保険も付いている様なものなのです。

 

この学資保険で、子供の教育費の手当てをすれば、死亡保険の見直しも必要なくなり、子供が成人して大きな保障が必要なくなっても、無駄に掛け続けると言ったロスもなくなります。

 

保険は目的別に単純な物を組み合わせる方が、必要最低限の掛け金でしっかり保証できると考える方が合理的です。

 

こうした合理的な保険として目的が明確で、利子に当たる戻り率も良い学資保険は絶対に組み込むべき保険と言えるでしょう。