満期年齢や祝い金の有無で学資保険を選ぶ

満期年齢や祝い金の有無で学資保険を選ぶ

学資保険に加入する時は、まずいくら受け取りたいか、そしていつ受け取りたいかを決めなければなりません。

 

多くの人が、大学進学に合わせた17歳か18歳満期の保険を選びますが、15歳、20歳、22歳満期の保険もあります。15歳は高校進学に備えて、20歳や22歳は専門学校や大学院への進学に備えて、という事になるでしょう。

 

加入する時点では、どこの学部に進むかはもちろんのこと、大学に進学するかどうかも分からないでしょう。

 

私立と国公立でも学費は随分と違います。進学時にかかる費用をすべて学費保険で賄うというのは無理がありますので、出費の多い時期の足しとして、無理のない金額を設定しましょう。

 

満期は18歳が多いですが、高校から私立に行くケースも多くあります。18歳を満期として、15歳で祝い金を受け取れるタイプの保険にするのも良いでしょう。

 

祝い金とは、満期以外のタイミングで一時金を受け取れるシステムです。中学、高校進学時の12歳、15歳などに設定されていることが多く、受け取らずに満期まで取っておくか選べる学資保険もあります。

 

祝い金は、何も保険会社がお祝いでプレゼントしてくれるわけではなく、もちろん支払った保険料から支払われます。

 

祝い金のある学資保険は、その分保険料が高いか、満期保険金が少なくなるかのどちらかだと思っておいてください。