親の万一にも備えられる学資保険

親の万一にも備えられる学資保険

学資保険は、子供が高校や大学に入学する時にかかる教育費を貯蓄するのが1番の目的ですが、同時に親の死亡や高度障害にも備えることができます。貯蓄だけなら、ほかの方法でも可能でしょう。定期貯金や普通預金でも備えることはできます。

 

しかし、これらの方法は、お金を預ける親が死亡したり、働けなくなったりした場合には続けられません。

 

考えたくもない話ですが、子供がまだ小学生、中学生の間に、親が死亡してしまうケースはゼロではありません。奨学金などもありますので、お金がなければ必ずしも進学できない、というわけではありませんが、険しい道になることは確かでしょう。

 

その点、学資保険なら、親が死亡しても満期保険金を受け取れます。親の死亡後の保険料は不要になる点で、普通の貯蓄とは一線を画します。

 

親の死亡保険を兼ねていますから、生命保険に分類される保険の1つです。

 

満期時期が予め決まっており、満期がくると積み立てたお金を保険金として一括で受け取ることができますが、ほかにも様々な特約を選ぶことができます。契約者が死亡した時、一括で受け取るのではなく、年金という形で少しずつ受け取ることができるなど、実に多彩です。

 

子供の医療保険を兼ねているものもあり、教育費の備えだけにとどまらない優秀な保険です。