学資保険のポイント

学資保険のポイント

子供が産まれたら、やはり色々とお金がかかります。そしてお金のことと言ったら、子供が義務教育を終えたあとの進学の資金が気になりますよね。

 

私の家は決してお金持ちと言える状態ではなかったので、大学は国立に行こうと決めていました。私の親は学資保険をかけておらず、大学にかかるお金は奨学金でまかないました。

 

卒業し就職してからは返済が待っていることを承知の上でしたが、実際に返済期間がスタートすると家族や子供のこともあるので親が学資保険をかけていてくれたらと思う瞬間もあります。

 

しかし子供に対しては自分が学びたいという意思で大学などに進学するのならば学費は自分でなんとかするものだと思う気持ちもあるのが正直なところです。

 

妻の家も裕福ではありませんが、お義母さんが学資保険をかけており奨学金を借りずに進学・卒業した経緯があるので自分の子供には学資保険をかけようということになりました。

 

学資保険には様々なものがあり、正直どれにしようか迷いました。かんぽ生命やフコク生命など多くの保険会社があり、同じ保険会社でもプランが色々あり、本当に目移りしてしまいます。

 

私たち夫婦の実家は農家をしており、JAの組合員だったので、妻の両親から勧められたのはJAの学資保険でした。また妻の同級生がJAで働いていたので見積もりをとりました。

 

私の親戚には郵便局に勤務している人がいましたのでかんぽ生命も候補にあがりました。他にはインターネットでいくつか見積もりをしましたが、なかなかちょうどよいプランに出会えません。

 

しかし、JAの話を聞くうちに、医療などのプランを付けずに学資の積立を重視すると返戻率が高くなることを知りました。死亡保障が付いているので他の返戻率が高いプランと比べると安心感は違います。

 

学資保険を選ぶときのポイントはやはり返戻率です。また我が家は自動車保険などもJAだったため、揃えて学資保険もJAにしました。

 

学資保険は途中で解約すると損をしてしまうので、しっかりと見極め契約しないと後悔します。奥さんの妊娠中から旦那さんが積極的に調べ、夫婦で話し合うことが大切だと思います。

 

現在は大型ショッピングセンターなどに保険の相談窓口があるので活用するのもオススメです。