知っているだけで得をする学資保険加入のコツ

知っているだけで得をする学資保険加入のコツ

新しい家族の誕生はとても嬉しいことです。その愛らしい寝顔や笑顔を見ていると、心から守ってあげたいと思うものです。また、将来の選択肢を増やしてあげたいと思うのも親心です。

 

子供にかかる教育費は年々高額になる傾向があり、教育費に不安を覚える人も少なくありません。そんな親心にしっかり応えるのが「学資保険」です。

 

学資保険は子供の教育資金の準備する保険の1つで、あらかじめ決めておいた満期時にはまとまった給付金を受け取れる保険です。

 

子供が誕生してから加入を検討する人が多いですが、支払保険料の割引などの特約が付くことから妊娠している時から学資保険の加入を決めている人も少なくありません。

 

子供の教育費は大学入学時がピークになります。そのため、子供の大学入学のタイミングをを見越して 17歳満期や18歳満期を設定する人が多いです。

 

学資保険のほとんどは貯蓄型のものが多く、月々の貯蓄が苦手な人にオススメです。月々の保険料を安く抑えたい人は長期間の支払期間となりますが、中には一括前納をする人もいます。

 

一括前納をする場合は保険料の割引が適用されることが多く、貯蓄率がアップすることが特徴です。

 

残念ながら、学資保険の中には満期金が支払った保険料より少ない「 元本割れ」をする保険もあるので加入するときは内容をよく把握しておくことが大切です。

 

いずれにしても長期間払い続ける保険になるので、月々の保険料が無理のない範囲であることも注意しておきましょう。