学資保険を検討するなら!会社ごとの金利をしっかり確認しよう

学資保険を検討するなら!会社ごとの金利をしっかり確認しよう

子供が生まれると、喜びと同時に気になるのが教育費です。そのため学資保険に加入する親御さんが増えています。それでは学資保険を選ぶ際に何を決め手にすれば良いのでしょうか。

 

一番のポイントは「返礼率」です。これは単純に言うと「満期時(18歳など)までにいくら払って、いくら貯まるかの率」の事です。今や銀行の定期預金の利率はとっても低いですよね。

 

銀行に毎月貯めるくらいなら、保険会社の学資保険に入り、少しでも率の良い貯め方をする方がお得と言えます。

 

そのため、もし加入を考えるならば数社の比較をおすすめします。例えば「0歳から「18歳まで」「毎月2万円」などの同じ条件で見積もりを取ることで、どの保険会社の率が良いかがわかります。この「年平均利率」は保険会社のHPなどで確認することもできます。

 

また、契約者の年齢によっても保険料は少し変わります。20歳の父親が加入するのと、45歳の父親が加入するのとでは保険料が変わることをあらかじめ知っておきましょう。

 

今の時代は、大学まで進学させることが当たり前になっています。人生にピンチはあるかと思いますが、経済的な理由で子供の進路を限定してしまうことは避けたいですよね。

 

学資保険を考えるならしっかりとお得なプランを見極めて入りましょう。