継続して貯めていきたいなら学資保険

継続して貯めていきたいなら学資保険

子供が産まれたらまず最初に考えたいのが教育費のことです。私立、公立、大学に行く行かないで金額は変わってきますが、ある程度出費がいくらくらいになるか予測もたてやすいですね。

 

ただ、それから逆算して貯めようと思っても、お金が必要になる進学まで毎月継続して決まった額を貯め続けるには根気も必要になります。途中で解約してお金を使ってしまう可能性もなきにしもあらずです。

 

学資保険は途中で解約する可能性がゼロではないのなら元本割れをする可能性が非常に高い契約ではありますが、他にも預貯金があったり万一収入源になった時でも解約しなくてもやっていける額の設定さえしていればそれほど心配することもありません。

 

また確率は低いことではありますが、一家の大黒柱の万一の時には保険としても機能します。

 

最初に満期で受け取る額を決めれば後は毎月保険料として引き落とされていくだけなので感情を抜きにして積み立てすることができるので、元々貯蓄の習慣がない方などに向いている保険です。

 

ただ子供手当などをアテにした積み立てをしていると、こればかりは制度がいつ変更するか分かりませんのであくまでも余裕を持っての契約が重要です。

 

教育費全額を学資保険で用意しようとするのではなくて、一部は学資保険で、一部は貯蓄でとすることで解約リスクを下げることもできますね。