学資保険で賢く貯蓄

知ってる!?以前のこども保険と、最近の学資保険の違い

ひとくちに学資保険と言っても、たくさんのプランがあり迷いますね。そして検討の際には必ず知っておきたいことがあります。今回はそんなポイントのご紹介です。

 

それは「学資保険」と「こども保険」の違いです。

 

かつての日本は、大黒柱であるお父さんと専業主婦であるお母さんで成り立っていました。そのためもしお父さんに万が一のことがあると子供の教育費に大きな影響がでてしまったり家計の足しに家を売るしかない時代でした。

 

そのため、以前は「父親が亡くなってしまった時の育英年金」の付いたこども保険が主流でした。これで、貯蓄とともに万が一の時のリスクにも備えていたのです。

 

保険の意味合いが大きかったため、満期時に受け取れるのは、支払った保険料より少ないことが多いのがポイントです。

 

しかし今の社会は、大きく変わっています。女性も働くようになりシングルマザーも増えています。収入も男性に頼り切る時代ではなくなりました。

 

そこで、育英年金は付かなくても、1円でも多く学費を貯めたいというニーズに応えたのが学資保険です。文字通り、学資を貯めるために特化しており、各社が「いくら貯まります」という返礼率をアピールしています。

 

そして、満期時には支払った保険金より多くの満期金を受け取ることが可能です。

 

学資保険が主流にはなっていますが、こども保険もまだ存在します。加入時にはどちらが自分の家庭にマッチするかしっかり考えて入りましょう。

 

学資保険は商品選びを間違えると大きく元本割れを起こしてしまい、損をしてしまいますので、初めの商品選びが重要になってきます。また、学資保険よりも低解約返戻金型保険の方が良いと言う場合もありますので、注意が必要です。

 

詳しくは保険のガイドブックのようなメディアを参考にすると良いでしょう。